エクシオン Xiom 卓球 ラバー オメガVII 10111 2.1 裏ソフト 商品 レッド ハイパー エクシオン Xiom 卓球 ラバー オメガVII 10111 2.1 裏ソフト 商品 レッド ハイパー 2.1,オメガVII,卓球,レッド,10111,ハイパー,5476円,jetfacilities.com,裏ソフト,ラバー,/Leontopodium112336.html,スポーツ・アウトドア , 卓球 , 卓球用ラバー,エクシオン(Xiom) 5476円 エクシオン(Xiom) 卓球 ラバー オメガVII ハイパー 裏ソフト レッド 2.1 10111 スポーツ・アウトドア 卓球 卓球用ラバー 2.1,オメガVII,卓球,レッド,10111,ハイパー,5476円,jetfacilities.com,裏ソフト,ラバー,/Leontopodium112336.html,スポーツ・アウトドア , 卓球 , 卓球用ラバー,エクシオン(Xiom) 5476円 エクシオン(Xiom) 卓球 ラバー オメガVII ハイパー 裏ソフト レッド 2.1 10111 スポーツ・アウトドア 卓球 卓球用ラバー

エクシオン 期間限定お試し価格 Xiom 卓球 ラバー オメガVII 10111 2.1 裏ソフト 商品 レッド ハイパー

エクシオン(Xiom) 卓球 ラバー オメガVII ハイパー 裏ソフト レッド 2.1 10111

5476円

エクシオン(Xiom) 卓球 ラバー オメガVII ハイパー 裏ソフト レッド 2.1 10111







スポンジ厚:MAX, 2.1
スポンジ硬度:55
スペック:スピード13.0, スピン14.0
機能:DYNAMICFRICTION、CYCLOID、CARBO SPONGE
原産国:ドイツ
部門名:ユニセックス大人

【世界最強の、その向こうへ】オメガVIIハイパーは、2019年12月発売だったXIOMのラバー。それまでのオメガVIIシリーズとはコンセプトから大きく違っている。開発の参考にしたのは、中国の国家代表選手が数多く使用している某中国製粘着ラバー。きわめて硬いスポンジと粘着力のある強回転トップシートが作り出す世界最強レベルのスピンボールを再現すべく、まずはスポンジの設計を根本から見直した。すなわち、気孔を極限まで密集させることで、本家中国ラバーに近いスポンジ硬度を実現。硬度はツアーと同じ55度ながら、さらに頑丈になった。ただ、そこにサイクロイド技術を駆使した薄くしなやかでつかみの良いトップシートをドッキングしたため、ラバー全体の体感硬度(テスターの感触)は50度以下に抑えられている。このスペシャルなチューニングによって、オメガVIIハイパーのトップシートには粘着性がないにもかかわらず、インパクト時のボールがラバー表面で一瞬止まるような感覚をプレーヤーに持たせることに成功。これぞ中国ラバーのフィーリング、という境地に到達した。なおかつ、劇的にハードなテンションスポンジはボールを弾き出すパワーも十分なため、スピード不足を感じることはまずない。中国製の粘着ラバーはトップシートの粘着力が落ちると性能がガクンと下がるが、オメガVIIハイパならそのような心配は皆無。安定した性能と抜群のコントロール力が常に確保されているから、相当の長期間、トップコンディションで継続使用することが可能だ。硬さと球威は湯動くラバーに匹敵させながら、扱いやすさでは大きくそれを凌駕した究極のラバー、オメガVIIハイパー。世界最強の、その向こうの景色はどうなっているのか-このニューモンスターが、その答えを教えてくれるはずだ。

商品コード34044882888
商品名エクシオン(Xiom) 卓球 ラバー オメガVII ハイパー 裏ソフト レッド 2.1 10111
型番10111
サイズ2.1
カラーレッド
※他モールでも併売しているため、タイミングによって在庫切れの可能性がございます。その際は、別途ご連絡させていただきます。

エクシオン(Xiom) 卓球 ラバー オメガVII ハイパー 裏ソフト レッド 2.1 10111

エディターズチョイス

弾道ミサイル「スティレット」:特性と写真

NATO分類を通過したStilettoミサイル(SS-19 Stiletto)、または我が国でマークされているRS-18クラスUR-100N UTTHは、依然として最も先進的な大陸間弾道ミサイル(ICBM)の1つです。世界です。 そして、これは彼女が40年以上前に戦略的ミサイル軍でサービスに入ったという事実にもかかわらずです... Chelomeyのコンセプト 1969年の初秋に、V. N. Chelomeyが率いる中央機械建築設計局と、V. N. Bugayskyが率いるTsKBMの支店1号が、対地クラスのRS-18大陸間弾道ミサイルの開発を始めました。 。 プロジェクトに着手して、V.N. Chelomeyは信頼性があり効果的なミサイルシステムの創設に基づいたコンセプトに従うことを試みました。 そのようなアプローチは配備されたミサイルの総数を増加させるでしょう

興味深い記事

オゾン発生器:利点と機能

推奨されます

人気の投稿